超軽量フイルム・マイクロライト販売終了
2018年7月13日現在

最近、超軽量バルサキットを製作される方が増えており、
その他の方々からも絹に代わる軽量なフイルムとして、
超軽量で尚且つ収縮率がさほど強くないので、
構造の弱い超軽量機でも使用可能なマイクロライトが、
大変好評を頂いておりましたが、
マイクロライトを製造販売しておりました、
21stセンチュリー社が廃業に至り、
入手が出来なくなりました。

当店ではあらゆる所へ連絡をして在庫を見つけ、
出来るだけ多く入手出来る様に努力しておりますが、
残念ながら色によりましては全て市場から消えており、
残っている色も在庫が無くなり次第終了となります。

7月13日現在当店に確保出来ている色は、
白、青、赤、黄、黒、濃緑、銀、透明緑、透明青、透明黄、の
10種類ですが、いずれも少量ですので、
今後使用される予定の方は早急に入手して頂きます様に、
緊急にご案内申し上げます。



マイクロライトは裏紙を剥がすと、
薄く柔らかいので縁から垂れ下がります。

注意しないと余白の部分が折れ曲がり、
糊と糊が触れて付いてしまい剥がすのが大変です。

それを防ぐのには余白の部分を出来るだけ少なく、
裁断して使用する必要があります。

マイクロライトは薄くて柔らかいので、
ハサミやカッターで切る時に、
良く切れる物を使用しないと、
ギザギザになったりして綺麗に切れません、
又、注意しないとギザになった所から裂けてしまいます。

モノコーテの場合は糊の反応温度が、
約100℃から115℃ですが、
マイクロライトの場合は、
約80℃から90℃ですので、
それ以上の温度のコテを当てると変色したり、
縮み過ぎて穴があいたりするので、
注意が必要です。

色に関しては、透明では無い普通色でも、
白や黄色等の薄い色の場合は、
フイルムが薄い為にある程度透けてしまいますので、
生地完成の状態が汚いと完成後に、
汚い感じに仕上がってしまいます。

重量が普通のフイルムの1/3位と超軽量ですので、
収縮率が弱いと言うのは、
ストリンガー構造で骨組みが弱い機体には、
歪が出難いと言う点は捨てがたく、
どうしても軽量に仕上げる必要がある機体にも、
貼り難さは練習して慣れるとして、
必需品と言えるでしょう。

マイクロライト・フイルム

(糊付き超軽量フイルム)

主要諸元
全幅:約70cm、全長:183cm、
重量:1平方mあたり約20g、

当店特価、1本、2780円


輸入品ですので、
為替レートの変動や現地価格の改訂等により、
予告無く価格を改訂させて頂く場合がございます、
予めご了承下さい。