セスナ・150/152・バルサキット・新入荷
2017年4月29日現在

誰もが知っているセスナです、
セスナ150は2人乗りの機体で、
アメリカでは多くの方がパイロットのライセンスを取得する為に、
最初に飛行した経験がある機体です。

大変効率の良いフラップを装備している事で、
着陸速度を遅くする事が出来ると言う特性があります、
このキットもフラップを標準装備の設計です。

又、当初は尾輪式の設計でしたが、
途中から前輪を装備した3車輪式に改造されました、
これにより離着陸が簡単になりました、
このキットはどちらの方式も製作可能です。

このキットはバルサの棒材を主に使用する、
超軽量設計のストリンガー構造ですので、
中級者以上である程度バルサキットを製作された、
経験者で無いと製作は難しいかも知れませんが、
作るのが楽しいキットです。

通常のキットですと同程度の大きさの機体は、
重量が2000g以上になりますが、
このキットでは1000g以下の設計です、
その為、完成した機体の飛行は、
フラップも装備されている事もあり、
大変実機感のある飛行を楽しむ事が出来ると思われます。




尾翼は殆ど棒材での組み立てです。


主翼も殆どバルサ材で軽量です。


胴体は左右のフレームを組み立てます。




左右のフレームを組み合わせてから。


上下に同枠を接着して。


最後に棒材で形を仕上げます。


駐機中の試作機です。


駐機中の試作機です。


飛行中の試作機です。


着陸モードの試作機です。


実機の写真です。

このキットは約1/6.6のスケールで、
その他のデア社のキット同様にスティック&ティッシュのコンセプトで、
バルサの棒材とティッシュペーパーによる被覆構造で、
軽量に仕上げて狭い場所でも飛行可能な様に設計されております、
ご希望により胴体や翼を別売のバルサ材でプランクすることにより、
スケール感を増す事も可能です。

主要諸元
材料:主にバルサの棒材を使用した素材から組み立てるキットです、
全幅:約1524mm、全長:約1003mm、
飛行重量:ティッシュに塗装仕上げの試作機は約748gでした、
(飛行重量は仕上げと、使用されるモーター等で変わります)
推奨モーター:2215クラス、
推奨ESC:20A、
推奨プロペラ:11x5.5E、
推奨サーボ:8gクラスx2、6.5gクラスx4、
推奨バッテリー:2〜3s-2200mA、

当店特価、15800円
(キットのみ)

新製品は一時的に在庫切れになる場合がございます、
その場合は次の入荷までお待ち頂く事になりますので、
予めご了承下さい。