F-22・ラプター・新入荷
2016年11月25日現在

XANE(エクセーン)社の50mmEDFシリーズ、
F-22・ラプターが新入荷致しました。

小型ながら、F-22の雰囲気はばっちりです、
翼面積が大きいので良く飛びそうです。。

小さな機体ですので組んだまま気軽に持ち運び出来、
飛行場に到着したら直ぐに飛ばせます。











機体は塗装済で殆ど完成済ですので、
主翼と尾翼を取り付けてリンケージをし、
別売の受信機を搭載して設定を済ませばOKです、
機体が小さいのでジャイロの搭載をお勧め致します、
小型機でもジャイロの搭載で大型機の様にゆったりと、
飛行させる事が可能です。


脚は付いておりませんので手投げ発進で草地への着陸となります。

*****************************


主要諸元
全幅:510mm、全長:740mm、
設計飛行重量:330g、
専用50mmEDF&モーター付属、
専用ESC付属、専用サーボ付属、、

別売適合バッテリー:3s-11.1V-860mA、

当店特価、12800円

飛行には、上記の他に、
最低4チャンネル以上のエレボン設定の出来る送受信機と、
3S−860mAのバッテリー等が必要です。


当店お勧めの別売品
D/P社製・3s-860mA・バッテリー、                 1380円
TINAX社製・DS6(JR・DMSS互換受信機)、          3180円
TINAX社製・FT6R(フタバ・FASST互換受信機)      3880円
COOLTEC社製・RSF08SB(フタバ・S−FHSS互換受信機)3980円
BIGAOLE社製・3G−A(3軸ジャイロ)、             2980円
BIGAOLE社製・6G−B(水平安定ジャイロ)、          4680円

**************************************************

★★★ご注意★★★

この機体を含む殆どの完成機に搭載されておりますサーボは、
アナログサーボです。

フタバ製送信機の14SG、18SZ、等で、
R7008SB、R7003SB、R7018SB、等の、
FASSTestシステムの受信機でご使用になる場合、
絶対に12チャンネルモードを使用しないで下さい。

12チャンネルモードはデジタルサーボ専用で、
アナログサーボは使用出来ません、
12チャンネルモードを使用された場合、
殆どのアナログサーボは損傷を受けてしまい、
最悪の場合は焼損して発火するかも知れません。

12チャンネルモードは絶対にご使用になりません様に、
お願い致します。

万一、サーボが焼損してしまっても、
保証の対象にはなりません。

いずれも輸入品ですので、
為替レートの変動や現地価格の改訂等により、
予告無く価格を改訂させて頂く場合がございます、
悪しからずご了承下さい。