RCRCM・DG-600(ディジー600)入荷
2016年10月7日現在

RCRCM社DG-600(ディージー600)が入荷致しました。

RCRCM社からの再三の要望とお客様方からのご希望で、
同社のグライダーを販売する事になりましたので、
今回、10機種計20機が入荷致しましたが、
順番にご案内させて頂きます。

同社からは大変多くの機種が販売されており、
機種ごとに何種類もの塗装があり、
その全てを在庫する事は不可能ですので、
順番に輸入すると共にご希望によりご予約をお受けして、
ご希望の塗装、使用する各アクセサリー類も、
セットでお取り寄せする事も可能です。





上記の写真は完成見本です。

DG-600・Tテール
ディージー600
(スケール・グライダー)


主要諸元
全幅:3430mm、全長:1380mm、
重量:約1470g(機体のみ)、
バッグは別売です。

フルカーボン仕様(機体のみ)


価格は最新価格表をご覧ください。
RCRCM 最新価格表


飛行には、上記の他に、
送受信機と、サーボ、ワイヤーハーネス、
受信機用のバッテリー、等が必要です。


別売アクセサリー、
専用ワイヤーハーネス、
専用バッグ、

**************************************************

動画のリンク

https://www.youtube.com/watch?v=-0mNUZT7bu8

★ご注意★
RCRCM社の機体は主に上級者と言うか、
ある程度知識をお持ちの方向けの機体です、
日本語の取り扱い説明書等は付属しておりませんので、
経験の無い方にはサーボの取り付けやリンケージ等、
組み立てが難しいかも知れません、
予め、ご了承の上、組み立てに自信の無い方は、
事前にお問い合わせ下さい。


**************************************************


★★★ご注意★★★

この機体には殆どの方がデジタル・サーボをご使用になると思われますが、
万一、アナログ・サーボを使用される場合はご注意下さい。

フタバ製送信機の14SG、18SZ、等で、
R7008SB、R7003SB、R7018SB、等の、
FASSTestシステムの受信機でご使用になる場合、
絶対に12チャンネルモードを使用しないで下さい。

12チャンネルモードはデジタルサーボ専用で、
アナログサーボは使用出来ません、
12チャンネルモードを使用された場合、
殆どのアナログサーボは損傷を受けてしまい、
最悪の場合は焼損して発火するかも知れません。

12チャンネルモードは絶対にご使用になりません様に、
お願い致します。

万一、サーボが焼損してしまっても、
保証の対象にはなりません。

いずれも輸入品ですので、
為替レートの変動や現地価格の改訂等により、
予告無く価格を改訂させて頂く場合がございます、
悪しからずご了承下さい。