3軸ジャイロ・3G-A-V2・入荷
2015年9月14日現在


3軸ジャイロと言えば、3G-Aと言われる程、
大変ポピュラーな3G-Aですが、
デュアル・エルロン方式の機体でも、
Y-ハーネスを使用して使用する必要があり、
左右独立した動きをさせる事は出来ませんでした。

大変多くのお客様、特に上級者の方々から、
デュアル・エルロンに対応した機種をと言う声が聞かれ、
フラッペロンやスポイロンに対応出来る様に、
新しい機種を製作してくれる様、
昨年からBIGAOLE社へ依頼しておりました。

今年の2月から現地で打ち合わせを始め、
その後、当店の相談役であります坂本氏の協力を得て、
毎月の様にサンプルを送ってもらい、
テストしては送り返すと言う作業を行い、
5月には北京でBIGAOLE社の社長と坂本氏の間で、
長時間に渡り打ち合わせを行った後、
最終的なテストに入り完成にこぎつけました、
そしてようやく新機種の発売となりました。



基本的性能は3G-Aと同じですが、
デュアル・エルロンに対応しておりますので、
左右のエルロンを独立して動作させる事が可能で、
フラッペロンやスポイロンに対応しております。

又、今回からハードケースを使用してもらいましたので、
従来の3G-Aよりもエンジン機に使いやすく、
使用出来る機体が増えました。

取り付けや設定は3G-Aとほぼ同じですので、
付属の日本語説明書を理解して頂ける方でしたら、
どなたにも簡単に取り付け、設定が可能です。


プラスチックケースに本体と専用接続ケーブルが同梱されております。







★ご注意★
3G-A-V2をご使用になるには、
最低5チャンネル以上で、
3段に切り替えが出来るスイッチを、
空きチャンネルに割り当てられる送信機が必要です。
7チャンネル以下の送信機の場合、
3段に切り替え出来るスイッチが搭載されていないか、
空きチャンネルに割り当てられない機種が有りますので、
ご注意ください。

無尾翼機やVテールの機体にも、
ディップ・スイッチを切り替える事により使用可能です。
(その場合は、送信機側のミキシングは使用しないで下さい)

★特徴★
デュアル・エルロンに対応しておりますので、
左右のエルロンを独立して動作させる事が可能で、
フラッペロンやスポイロンに対応しております。

エルロン・サーボが2個でもY-ハーネスを使わずに、
同時に動作させる事も出来ます。

3G-Aと同じ様に、
AVCS・モード、ノーマル・ジャイロ・モード、
それから、ジャイロ・OFFモードの、
3種類の切り替えが可能です。

取り付け及び設定は3G-A同様に簡単です。

ハードケースを採用した為、
更に多くのエンジン機に使用する事が可能となりました。
(振動の種類や大きさにより対応出来ない場合もございます)

主要諸元
サイズ:36mmx28mmx6mm、
重量:15g(本体のみ)、
使用可能周辺温度:−15〜+60℃、
適合入力電圧:DC3.5〜9.0V、
定格消費電流:20mA、

当店特価、
4980円

上記価格は、為替レートの変動等により、
予告無く改訂させて頂きますので、
予め、ご了承下さい。


新製品は直ぐに売り切れとなる場合が多く、
一旦売り切れますとしばらくお待ち頂く事になりますので、
ご希望のお客様はお早めにご連絡を頂けます様に、
ご案内申し上げます。


★ご注意★
この装置は、エアロバティック飛行やスケール機の、
飛行をアシストする為のパーツです、
墜落事故等を防ぐ為の装置ではございません、
当店ではこの装置を使用した状態でも起きる可能性のある、
あらゆる事故に対して一切責任を負う事は出来ませんので、
予めご了承の上、ご自分の責任の上で、
安全に充分注意してご使用頂きます様に、
お願い致します。


BIGAOLE社は、まだ新しい小さな会社です、
ただ、その技術と意欲は大きく、
こちらの意見も良く商品に反映してくれます。

1個でも多くの商品を販売出来、
より良い商品を開発してもらいたいのと、
一人でも多くのユーザーにその良さを味わって頂く為に、
出来るだけ多くの業者が販売出来る様に打ち合わせており。

今年のトレドショーでは全米の主な業者に、
当店から紹介させて頂いておりますし、
現在、日本国内では、ホビーネット様、ラジコン1様、等の、
お店でも輸入販売して頂いております。

上海のショーでは、リトルベランカ様にもお願いしておきましたので、
近い内に取り扱って頂けるかも知れません。

全国各地の模型店様にも在庫を置いて頂けましたら、
更に多くのユーザーに簡単に入手して頂け、
その良さを実感して頂ける事と存じます。