第1回・ドローン展が開催されました
2015年5月21日現在


幕張メッセで第1回ドローン展が開催されましたが、
知人のM氏のお伴で20日の水曜日に行ってまいりました。





相当盛大に開催されるのかと思っておりましたが、
実際には8番ホールの一部、約1/3程度の場所がドローン展で、
他のスペースはモーターやマグネット、接着剤、モーションコピー、
等の専門的なパーツの展示会となっておりました。



奥のパネルに写っている様に量産ラインが出来ているメーカーも有る様です。



コントローラーの動きに合わせてカメラが動いたり、
GPSを使用しない全自動自立飛行の機種もあり、
そのテストフライトには多くの観客が見入っておりました。



以前にこんな機体を作って飛ばして見たいなと、
話してスケッチを描いておりましたが、
実際に展示してあるのが見つかりました、
こんな機体が出来ればV44の様に離着陸は垂直に、
上空へ行ったら水平飛行を楽しめると思います。

ドローン展の会場は第8ホールの約1/3程のスペースとは言え、
そこに集まった各社を合わせるとかなりの数になりますが、
いくら各方面で引っ張りだことは言え、
直ぐに過当競争になるのではないかと余計な心配をしてしまいました。

いずれのマルチコプターもDJIのGPSが付属している物が多く、
フレームやモーター、ESCは我々が使用している物と、
大差無いと思われますが、
搭載されている機材はどれも専門的で、
多分機体よりも機材の方が何倍も高額なのでしょう。

どのブースの機体にも価格表示は無く、
多分、官庁や企業への売り込みの時には、
同じ機体でも相当の価格差が起きるのではないかと思われます。

テレビのニュースでは少年による無謀な飛行が報道されておりますが、
ユーチューブ上では少年を擁護する書き込みも多く、
日本の常識も変わってしまったのだと感じます。

一歩間違えば人身事故につながる事を認識して、
モラルのある飛行をしてもらえる様にドローンに対する規制も、
最低限、GPS機の登録制と保険の義務付け位は、
早期に決めて頂きたいと思います。