電動飛行機用・簡易オートパイロット・登場
2014年5月12日現在

飛行機用飛行安定装置の3G−Aが発売されて早くも1年になりますが、
初心者の練習や不安定なスケール機の為の、
簡易オートパイロットが新発売となりました。






電動飛行機用・簡易オートパイロット・6G−Bは、
常に飛行機を水平に保つ為の装置で、
スイッチをONにしておけば送信機のスティックを動かさない限り、
機体は水平飛行を続けます。

自分で操縦している時には今までの様に飛行しますが、
飛行中に姿勢を見失ったりパニックになったら、
一旦スティックから手を放すと直ちに水平飛行に戻りますので、
落ち着いて飛行を続ける事が可能です。

常に飛行機を水平に保とうとする為に、
いくら舵を打ってもロールやループは出来ません、
中級者以上の方はスイッチをOFFにしておいて、
必要な時だけONにすれば良いと思います。

不安定なスケール機や風の強い時でも、
機体は常に水平飛行を続けますので、
ラダーだけを使用した水平旋回も可能ですし、
着陸もスロットルを下げれば機体が水平のまま下降しますので、
ラダーで進路を修正して着地寸前に少しフレアーを掛けてやれば、
素晴らしい着陸が可能になります。

既に、私の周囲ではそんな物を使ったら、
ラジコンの面白さが無くなってしまうとか、
初心者専用、等、予想通りの声が上がっておりますが、
昨年3軸ジャイロを発表した時も同じでした。

しかし、この一年で当店だけでも1000個以上の、
3G−Aが売れており、
それだけ多くの方々が3DのEPPやスケール機に、
堂々と、或いは内緒で搭載されている状態です。

周囲への見栄で緊張して飛行させるのと、
オートパイロットを使用して余裕で飛行を楽しむのと、
貴方はどちらを希望されますか?


TECHONE社のトレーナーキングに搭載した状態です。

Bigaole(ビガール)社から依頼されてテスト飛行を実施致しましたが、
想像以上に感度が良く、
背面からでも、垂直上昇、垂直下降、等の状態でも、
スイッチをONにすれば、あっと言う間に水平飛行に戻るのには驚きました。

オートパイロットが有効なのはエルロンとエレベーターの2チャンネルで、
ラダーは影響を受けません。

ご注意
6G−Bをご使用される際には、
飛行モードの切り替えに、2段切り替えのスイッチが必要となりますので、
モード切り替え用の予備チャンネルのある、5チャンネル以上の受信機と、
3段切り替えスイッチが付いている、主に6チャンネル以上の送信機が必要です。


4チャンネル以下の受信機や、5チャンネル以下の主な送信機は、
使用出来ませんので、ご注意下さい。



テスト用の受信機とサーボに繋いでみました、
接続は付属の専用ケーブルを使用すれば非常に簡単です。


Bigaole(ビガール)6G−B・簡易オートパイロットの接続

付属している専用ケーブルを使用して、
受信機のエルロン、エレベーター、ラダー、の各端子に接続します、
残りの1本は任意のAUXチャンネルに接続して、
オートパイロットのON−OFFを切り替えます。

各サーボは6G−Bの各端子に接続します。

オートパイロット・OFFモード、
通常の状態で飛行出来ます。

オートパイロット・ONモード、
エルロンとエレベーターにジャイロが効いて、
常に機体を水平に保とうとします。

不安定な小型機に搭載した場合は大型機の様な安定した飛行になり、
スケール機に搭載した場合は実機感のある飛行が楽しめる他、
強風下でもかなり飛ばし易くなります。

5月11日に尾島で開催されました複葉機大会で、
体験デモ飛行をさせて頂きました所、
大変多くの方に興味を持って頂きました、
かなりの風が吹いておりましたが、
スイッチをONにすると即座に安定した水平飛行になり、
着陸もスロットルを下げてラダーでの進路調整だけでみごとに着陸しました、
残念な事は当日使用した機体が新製品のトレーナーキングで、
それ自体非常に安定の良い機体だったので、
オートパイロットの良さを知るよりも、
機体の安定性を先にご理解頂いた様でしたので、
次の機会にはもっと不安定な機体でデモしたいと思います。

簡易オート・パイロットと言う名称について、
一部のお客様から、
簡易オートパイロットと言う名称は、
間違いでは無いかと言うお問い合わせを頂いておりますが、
確かにオ−トパイロットとは自動操縦ですので、
正確には正しく無いかも知れません。

しかし、元々当店がBIGAOLE社へ水平飛行のみに特化した、
シンプルなジャイロを製作して欲しいとの要望を出し、
3DジャイロやAVCSを省いて水平飛行のみを自動操縦する、
誰にでも設定出来る簡単なジャイロとして製作して頂きました。

英文の名称は、オート・レベル・フライト・コントロール・システムと言い、
直訳すると、自動・水平飛行・装置となりますので、
あえて簡易オートパイロットと言う名称を使用しております。

開発の経緯をご存知ない一般のご販売店様やお客様は、
紛らわしいと思われるかも知れませんが、
オート・レベル・フライト・コントロール・システムを直訳して、
自動・水平飛行・装置=簡易オートパイロットと言う名称で、
今後も継続して行きたいと思っておりますので、
ご理解頂けます様にお願い致します。

主要諸元
寸法:22x31mm、 重量:7.5g
ケーブル込み重量:14g
適合動作電圧:DC3.5V〜6V


ご注意、
フタバ、JR、等の主な受信機ではテスト済ですが、
全ての受信機やサーボに適合するかは不明ですので、
予めご了承下さい。


6G−Bは通常の飛行機の他、基板のスイッチを切り替える事により、
デルタ翼機やVテール機にも使用可能ですが、
エルロン等のミキシングには対応しておりませんので、
2サーボの場合、Yハーネスを使用する必要があり、
フラッペロンやスポイロンには対応しておりません。

6G−Bは電動飛行機用に設計された水平安定装置です、
エンジン機に使用された場合はエンジンの振動等により、
正常に動作しない可能性がございます、
予めご了承下さい。

商品の特性上、上下逆の取り付けには対応しておりません、
取り付けの際には必ず表面が上を向く様に水平に固定して下さい。

6G−Bはあらゆる飛行状態から瞬時に水平飛行へ戻りますが、
低空飛行の際や強風下、又は障害物等がある場合には、
対応が間に合わない場合も考えられますので、
100%のリカバリーを保証する物ではございません、
あくまでも通常の飛行時に飛行の補助としての簡易オートパイロットですので、
性能を過信されません様にお願い致します。

★ご注意★
6G−Bはラジコン飛行機を安定して飛行させる為の補助装置です、
安全な飛行を保証する商品ではございません、
当店ではこの商品を使用した状態で発生するかも知れない、
いかなる事故に対しても責任をとる事は出来ません、
予めご了承頂くと共に、
ラジコン保険等の賠償保険に必ず加入して、
ご自身の責任で、ご使用頂けます様にお願い致します。


当店特価、4680円

★ご案内★
6月上旬に1回入荷致しましたが、ご予約が多く全てのご予約はカバー出来ませんでした、
次の入荷は6月下旬の予定で、
今までにご予約を頂いております模型店様とお客様へはご案内可能と思われますが、
今後も当分の間は在庫切れが発生すると思われますので、
ご希望のお客様はお早めにご予約を頂けます様にお勧め致します。


新製品に付き暫くは在庫切れが続く事が予想されますので、
ご注文、ご予約はお早めにどうぞ。