TINAX・フタバ・2.4G・FASST方式・互換受信機・入荷
2014年10月25日現在


JRの2.4G・DMSS方式・互換受信機や、各種サーボ、バッテリー内蔵機体発見ブザー、
等でお馴染みのTINAX社から、フタバ・2.4G・FASST方式・電動飛行機用・互換受信機が、
新発売となりました、無駄を省いた性能重視の設計で、
お求めやすい価格での登場です。



FT6R・6チャンネル仕様

★この受信機は、フタバ製の2.4G・FASST方式の送信機専用に設計された互換受信機です、
その他の方式の送信機では使用出来ませんので、ご注意下さい。


★主要諸元、適合電波方式:フタバ・2.4G・FASST方式、チャンネル数:6、
消費電流:70mA〜100mA、適合電圧:3.6〜9.6V、感度:−96dBm、
適合周囲温度:−10℃〜60℃、サイズ:約40x24x10mm、重量:7.6g、

(電動飛行機用)

希望小売価格、3380円

**************************************************



FT8R・8チャンネル仕様

★この受信機は、フタバ製の2.4G・FASST方式の送信機専用に設計された互換受信機です、
その他の方式の送信機では使用出来ませんので、ご注意下さい。


★主要諸元、適合電波方式:フタバ・2.4G・FASST方式、チャンネル数:8、
消費電流:70mA〜110mA、適合電圧:3.6〜9.6V、感度:−96dBm、
適合周囲温度:−10℃〜60℃、サイズ:約46x39x10mm、重量:8g、

(電動飛行機用)

希望小売価格、3580円

**************************************************

★取り扱い方法★

★送信機とのバインド方法。送信機の電源をONにして、
受信機のF/Sボタンを爪楊枝の頭等で押しながら受信機用バッテリーを接続して下さい、
赤のLEDが消灯して緑のLEDが点灯すればバインドは完了です、
送信機と受信機の電源を一度OFFにして再度ONにすれば使用可能です。

★フェイルセーフ、これらの受信機では、送信機側で設定して使用する事も可能ですし、
受信機側で設定する事も可能ですので、安全の為、
いずれかでフェイルセーフを設定して使用される事をお勧め致します。
(送信機側での設定は、送信機の説明書をご参照下さい)

★受信機でフェイルセーフを設定する場合は、送信機と受信機のバインドをした後で、
送信機側のフェイルセーフを解除します、次に、送、受信機の電源がONの状態で、
送信機の全てのコントロールを希望するフェイルセーフの位置に固定します、
その状態で受信機のF/Sボタンを5秒程押して離すとLEDが点滅を始めますので、
速やかに再度F/Sボタンをポンと一瞬押して下さい、するとLEDが点灯して設定完了です、
もう一度同じ動作をするとフェイルセーフが解除されます。

★この受信機の入力電圧はDC3.6〜9.6Vに対応しておりますが、
サーボ出力にはそのままの電圧が供給されますので、
使用されるサーボの入力電圧にご注意下さい。

★ご注意★ 電波を使用しております関係上、
FT6R又はFT8Rをご使用になられて発生する可能性のある、
全ての事態に関しまして、当店では責任を負う事が出来ません、
全てご使用になられる方の責任においてご使用頂く事になりますので、
予めご了承下さい。